卵子ドナー登録の手順

卵子提供(エッグドナー)登録の手順について

【 お申し込みから登録までの流れ 】

 

▼ ステップ1: お問い合せ

 

(1)ドナー応募者専用のお問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら

 

(2) お電話:日本国内から
050-3134-3722(IP電話/日本国内)

 

▼ ステップ2: 資料をメールに添付して送付

卵子ドナープログラム契約書_見本 卵子提供に関する取決め書_見本 卵子提供のリスク-OHSS(卵巣過剰刺激症候群) 卵子提供者向け渡航日程(トビリシ滞在モデルプラン)

 

▼ ステップ3: 登録フォームから登録

ドナー登録

 

登録の際に送付していただく写真はとても重要です。良い写真は指名されるための非常に重要なポイントです。古い写真やプリクラ写真などはNGです。

 

スマホで自撮り
今はiPhoneなどで自撮り(セルフィー)が簡単にできるアプリなどもあります
一度写真撮影(セルフィー)にチャレンジして見て下さい。

 

参考サイト:
http://trendripple.jp/5464.html
http://shonan-web.jp/social-media/selfie/

 

▼ ステップ4: パスポート(なければ免許証又は健康保険証)の提出

パスポート 免許証

 

▼ ステップ5: スカイプやLINEでビデオ面談

LINEで面談LINE ID: @a.kajiスカイプで面談Skype ID: +66631395605
登録完了後は指名があるまで通常の生活をして指名を待っていただきます。
Eメールアドレスや電話番号・住所などの変更がありましたら、必ずご連絡をお願いします。

 

卵子ドナー指名後のプロセス

【 指名後から卵子採卵までの流れ 】

 

▼ ステップ6: パスポートの期限確認 (3が月以上の残存期限が必要)

・期限が切れていたり、6ヶ月以上の残存期間がない場合はすぐにパスポート申請して下さい。約10日前後で取得できますが、現住所と戸籍が違う場合は戸籍の取り寄せが必要なため、もっと時間がかかります。

▼ ステップ7: 血液検査の実施(費用は事前送金で精算)

・医療機関またはインターネットで検査を受けて頂きます。

▼ ステップ8: 卵子提供契約締結と卵子提供に関する取決め書への署名捺印

・卵子ドナーは依頼者カップルと「卵子提供契約書」により正式に契約を結びます。
・卵子ドナーは弊社との間に交わす「卵子提供に関する取決め書」に署名捺印していただき、メールまたはLINEにて送付して頂きます。
・これにより卵子ドナーの個人情報は厳重に管理されますのでご安心ください。
・依頼者へは匿名での卵子提供となります。個人名や住所などが依頼者に知られることはありません。

▼ ステップ9: ピル送付

・生理開始日が極端にずれないように予めピルを卵子ドナーに送付して服用していただきます。
・ピルはインターネットで注文できます。

▼ ステップ10: 弊社にて航空券手配

・手配するのはエコノミークラスです。

▼ ステップ11: 生理日に合わせて指定の国に渡航

eggdonor,spermdonor

・空港には担当者が予め指定した場所で待機して卵子ドナーの到着を待ちます。

▼ ステップ12: 採卵のスケジューリング決定と投薬開始

・卵巣刺激剤を毎日指定した時間に臍周辺に自己注射の仕方を指導後に自己注射をしていただきます。個人差がありますが、注射針が細いので痛みはあまりありません。

▼ ステップ13: 採卵先クリニックで、定期な検査を行います。

・採卵まで3~4回の検査があります。現地滞在の担当者が送迎しますので、安心です。

▼ ステップ14:クニックで担当専門医が採卵

・最後の注射から36時間後に採卵します。麻酔をしますので、痛みはありませんし。実質20分程度で終わります。

 

▼ ステップ15: フォローアップ(帰国前検診)後に日本に帰国

・採卵後も身体の不調があれば医師が診察して適切な薬剤投与などの処置を行います。
・採卵後問題ないことを確認してから日本に帰国していただきます。
・日本帰国まで時間がありますので、体験談を書いていただきます。
・空港まで担当者がお送りいたします。

▼ ステップ16: 体験談提出後に謝礼のお振り込み

・日本帰国の前後に体験談を提出していただき、確認後に指定口座に謝礼をお振り込み致します。