精子ドナー体験談 その3

2015年5月の体験談

2015年5月に精子提供を体験 滞在3日間

精子ドナー

精子提供者の体験談 2015年5月

 

「ドナーになった理由」
私がドナーになった理由は大きく分けると2つあります。
1つ目は私自身のDNAを残すことができる。
2つ目は付き合っていた彼女が子宮がんになり子宮全摘出手術を行ったため子どもができない辛さを知っている。
という上記2つの理由です。

 

「出発前」
連絡手段としては、主にメールを使います。気になることがあれば何度も質問をしました。その度、丁寧に答えてくださいました。
その他に、わかりやすい資料をメールまたは郵便にて送付していただけるので、渡航について心配することはありませんでした。

 

「空港到着後」
待ち合わせ場所はわかりやすく、到着するとすぐにアテンドスタッフが声をかけてくれました。その方はタイ人でしたが、日本に長期間住んでいたということもあって日本語堪能で安心して話をすることができました。
空港から車でオフィスに向かい、そこで丁寧な説明を受け宿泊先(以下コンドー)へと向かいました。コンドーへ向かう途中、どこかに立ち寄りたければ連れて行ってくれるということでしたが、前日の仕事で疲れていたので遠慮し部屋で休憩をすることにしました。

 

「コンドータウン」
宿泊先はホテルではなく、マンションタイプでリビングと寝室にわかれており、一人には十分な広さでした。外はとても蒸し暑く汗がダラダラでるほどの気候でしたが、部屋には冷房、扇風機が完備されているので暑さや、寝苦しさを感じることはありませんでした。
ちなみに、部屋のテレビで、日本のテレビ番組を30チャンネルくらいみることができます。
敷地内に入るには警備員が常駐しているゲートを通過する必要があり、建物の中に入るのにもセキュリティーカードが必要なので安心して過ごすことができます。
さらに、コンドーの1階にはコンビニやタイ料理店があるので、遠くまで買い物や食事に行く必要はありません。タイ料理店はリーズナブルでとてもおいしかった。しかし、唐辛子マークのメニューには要注意です。私には辛すぎました。

 

「クリニック」
クリニックは私が想像していたよりも遥にきれいで落ち着いた雰囲気でした。
まず、はじめに医師との面談がありますが、スタッフがついていてくれるのでタイの言語がわからなくても安心して面談ができます。
その後、採血、採精を行います。採血、採精方法は日本と同じです。
検査結果は午前中にでるので、問題がなければそれ以降は自由時間となります。
宿泊先に送迎してもらってもかまわないし、指定した場所まで送ってもらうことも可能です。

 

「最終日」
空港まで送迎してもらい、チェックインカウンターまで案内してくれ、チェックインにも対応してくれました。最初から最後まで、至れり尽くせりの対応でした。

 

「最後に」
日本ではなくタイまで渡航しなければならないため、人によっては相当な負担に感じるかもしれません。しかし、誰かの役に立てることは嬉しいことであり、ありがたいことでもあります。なぜなら、自然妊娠で子どもを授かることができない夫婦にとって、子どもを授かる機会ができるということは、説明できない程嬉しいことであり、その機会に私を選んでくれたことを私自身も嬉しく思うからです。
無事に新たな生命が誕生し、健康に育ってくれることを心から願っています。

トップへ戻る